://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

置かれた場所で咲きたくない

もうすぐ還暦。これからは日々前向きに自分ファーストで

行ったり来たりも疲れる

今日も快晴。

 

朝起きて直ぐ新聞屋さんに明日から4日程新聞をストップさせてもらうよう、電話した。

明日同級生女性と3人でゴルフのため又自宅へ戻る。

来週は近所の人とゴルフ。

 

もうすぐ梅雨に入るし、夏は暑いので5月のこの時期はゴルフするには一番いいシーズンなので仕方ないが正直ちょっと面倒くさい。

 

やり始めて1,2年目の頃はとにかくラウンドしたくて誰か一緒に行ってくれる人いないかなと思っていて同級生ゴルフ仲間からラインでお誘いがあると嬉しくて仕方なかった。

 

ゴルフ始めて4年目となった今はスコアも自分の実力も頭打ちとなった事を実感しまぁ集中している間は嫌な事も忘れられるし、皆で喋って自然の中で緑に癒されればいいかなという程度に変わってきた。

 

明日一緒に行く一人がゴルフ再開して1年足らずなので他の同級生も言うようにやりたくてうずうずしている状況のようだ。

30年程前に始めてずっとご無沙汰していての再開なので今向上心旺盛のようだ。

 

もう一人の友人はシングルで大金持ちなのでラウンド代はしれたものだし、仕事もしていてその仕事も趣味を生かしたもので別に働かなくても十分食べていけるのだがその仕事仲間としょっちゅう飲みに行ったりしているからラウンドは誘われれば行くという感じ。

 

スケジュールは仕事や遊びでぎっしり埋まっている。

不本意な離婚だったようで家族と暮らすのが当たり前で1人になることに当初は耐えられなかったようで今も賑やかなことが好きで彼女の周りにはいつも人が集まっている。

 

とてもノーマルな人。

 

生まれた時からお金持ちで何不自由なく暮らし、今も大勢のきょうだいと仲良く施設へ親を入れるお金もあるのに交代で親を看ている。

 

家族、親戚仲がいいけど私には無理だなぁ。

 

まぁ人生色々、思いも色々。

中学の頃は同じように机を並べていたものだが45年という月日が変えたのか元々そういう運命だったのか。

 

後2回ラウンド予定が入っているがそれが終わったらそろそろ自宅の売却も考えなければ。

 

自宅とマンション、車がある時はいいが電車での移動となると荷物が大変。

化粧品や下着など身の回りのもの、こっちへ来れば何でも直ぐ買えるからいいやと思っていたがいざ買うとなるともったいなくて買えない。

 

引っ越しで大きな出費以外でも二重生活となると細かいものまで買い足しているので何だか凄くお札が飛んでいっている気がして。

 

貧乏性なのか買えない。

 

何でもいいから早く収入を得て落ち着きたい。

 

保有する株は去年と比べて20万近くも下がっているし。

 

定期的に収入があればそんなことも気にならないのだが、二者択一で買った株が下がり、買わなかった方が倍近く上がっているのを見ると何をやっても駄目だとため息しか出ない。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

面接に行ってきたが...

久しぶりの快晴。

昨日は曇天の中近所を自転車で見て回った。

 

1つ隣の駅まで行き、小さなスーパーや昭和っぽいお店が並んでいて楽しかった。

懐かしいタイムトリップしたような感じでこの年になると無邪気な小学生の頃の事が無性に懐かしくなる。

 

結婚するまでこの市にいて夫の転勤で始めは東京以外転勤はないと聞いていたのにそれから1年ちょっとで住み慣れた実家から更に遠くへの引っ越し。

 

何度か転勤を繰り返し、家を買った場所は生まれ育った土地ではなく隣県だった。

 

田舎で不自由な生活、我慢して25年。

こんなものだと諦めていたが数年前の同窓会でやはり同郷の人がよかったなと思った。

 

親の近くに住み、子供が結婚したらその子供も近くに住まわせ、孫の面倒を見て代々受け継がれていく家族の形。

 

煩わしいこともあるかもしれないがそうやって親の姿を見て介護や子育て、家族とはどういうものか自然に受け継がれていくのだなと同級生を見ていて思った。

 

夫とは育った環境があまりにも違い過ぎる。

 

食べ物の好みまで違う。

 

やはり同郷の人がよかったな。笑いの次元も同じなので心地いい。

 

ただただ妄想して違う人生もあっただろうと今世は諦めるしかないのだ。

 

今はただ一人暮らしをさせてもらっていることに感謝して自分自身でお金を稼ぐしかない。

 

今日は街まで出てパートの面接に行った。

 

化粧品のサンプルの案内を電話でする仕事だが、ビルの中に入ってビックリした。

あまりにも古い。

 

何だかよく分からない会社というのが率直な感想。

お給料も手渡しらしい。

 

早速来週からでもいいようだが、6月からにしてもらった。

 

それまでにもう少し探してみよう。

 

都会に出れると思っていたのに撃沈。

70代位の人も働いているらしく、パソコン苦手な人も多いので電話帳から電話をかけてその後の作業もアナログらしい。

 

お金儲けのためと割り切ろうと思ってはいたものの....。

 

ここへ来てから美味しそうなものがあまりにも多過ぎて、それに引っ越しで結構なお金が出ていっている。

 

たとえ少しでも稼ぎたいと焦り始めている。

 

どこまで割り切れるか。

 

来週家で会おうと言っていた同級生の近所の友達は早速又近くのスーパーのレジのパートを始めるらしい。

 

半年ほどの間に3か所目。

 

行動力があって羨ましい。

 

何をしたらいいのか、この年になってもさっぱり分からない。

 

あんな夫に頼らなくてもいいならとっくに別れていただろう。

こんな居心地のいいことはないのだから。

 

結局お金を稼げないから60を過ぎてもまだこんなにさまよっている。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

一人暮らし3週間目

今日も朝から曇天。

 

いつものように自転車で買い物に行き、色々見て回る。

結局100均で足りないものをあれこれ買う位。

 

これからまだ引っ越し費用や私のエアコン外しと取り付け。

窓用エアコンの購入などなど結構なお金が飛んでいく。

 

今週号の『週刊ポスト』にシニアの住み替えの危険性みたいな記事が出ていたのでdマガジンで読んでみた。

 

戸建てからマンションへの住み替えの場合、築年数が上がるほど管理費が上がったり、土地の値段が高い所は固定資産税がずっと高いまま十数万円が毎年かかってくるなど思わぬ出費となる場合もあるので注意しようという事や、田舎生活に憧れて住んでみたら田舎のコミュニティは中々難しかったり、こんなはずじゃなかったということで元の家に戻ろうと思っても売却してしまった後では戻る家がないなど。

 

どっちにしろ戸建ての場合、30年を過ぎると配管などみえない部分の老朽化もしてくるのでうちは丁度今年で25年なので後5年もすればもっと劣化するだろうから丁度よかったのかなと思う。

 

10年程前リフォーム店でパートしていた時、築30年~40年位の家に住む人がリフォームを考えて来店されることが多かった。

 

木造の場合、築40年ともなると結局建て替えをされたりしていた。

そうなると仮住まいの費用もかかるし、家1軒建てるとなると2千万は最低でも必要だろう。

 

ゴルフ仲間の同級生も去年立派な二世帯住宅を建てたようだが、半年以上仮住まいしていたようだ。

 

前の家は中古で購入したようで娘さんの結婚と同時に二世帯住宅に建て替えたそうだ。

 

私の場合は消去法であの家はもう住みたくない、メリットが殆どないと思ったから。

 

土地柄が合わないことに加えて私にとってあの家にはいい思い出があまりないのだ。

 

子育てをした思い出の場所であるはずなのに苦い思い出ばかりが思い出される。

子育てのしんどさ、体調の悪さ、子供の送迎に駅や塾まで5往復もしたことがある。

 

余計に体調が悪くなった。パートに行っていても体調の悪い時夫は買い忘れたもの一つ代わりに行ってくれなかった。

 

誰かのためにやってあげたいという気持ちは誰でも持ち合わせていると思うが身体がいうことをきかないともう勘弁してほしいと思う。

 

便利なこの土地に越してきて24時間を自分の好きなように使える幸せ。

後は仕事をして少しでも稼げたらそれぞれが自分のことをして暮らしを作っていったらいいと思う。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

私の居場所

金曜日夕刊が入るのを待って車で自宅へ。

 

今回の帰省?の目的は友人とのゴルフと娘の一人暮らしの物件探しの付き添い。

 

マンションで時間があったので金曜日の夕飯を作っていったので帰ってからはチンしただけ。

娘は久しぶりにまともな夕飯にありつけたと言っていた。

 

翌日は娘の自転車を探しに自転車屋さんに行ったが思った以上に値段が高くて種類も少なかったので見合わせた。

 

ドトールコーヒーで軽くお昼を食べ電車で娘が目星をつけているマンションの内見に行った。

同じ県内でそこの駅は比較的に賑わっているが駅の周辺だけで不動産屋さんの車で住宅街を走るとかなり静かな感じ。

 

今自宅がある場所も静かだが今は新興の住宅地というのに反してそこは昔ながらの住宅地といった感じ。

街が開発されて随分経っている風でアパートなんかもかなり古いのも多い。

 

そのマンションは3階建ての3階。

エレベーターなし。

 

広さは1LDKで申し分ない。

息子も姪っ子二人も1Kの比較的利便性のいい所に住んでいるが娘は狭いのと騒音が苦手でどうしても古さや都会から離れた場所で譲歩するしかないそうだ。

 

室内はやはり古いマンション特有の臭いがするかなぁという感じ。

曇天だった天気のせいもあるがちょっと暗い感じかなと思った。

 

後は娘が決めることなのであまり口出しはしないが、私が越してきたマンションの近くも候補にしているようだ。

 

近い方が何かと安心ではあるが、戸締りや火の始末のいい加減さの尻拭いをさせられるのはもう勘弁してほしい。

 

帰宅後買い物に行き、アクアパッツアやイモサラダを作り、夜夫に実家まで送ってもらった。

 

実家で1泊し、今朝実家近くの友人に迎えに来てもらい、ゴルフに行ってきた。

 

帰りはマンションに送ってもらい、その友人も何れ一人暮らしを考えているので室内を見たいということで上がってもらった。

 

引っ越し後人が入ったのは初めて。

 

彼女は喧嘩ばかりしているシングルの弟さんと耳の悪いお父さん、無気力なお母さんとの4人暮らしなのでストレスもあるのだろうなと思う。

 

うちは3LDKだが、彼女はシングルなので1LDKでいいので引っ越したい、いいなぁと言っていた。

 

今日はゴルフで疲れているせいもあるけど、疲れた時に何もしなくていい幸せ。

 

この2日間自宅、実家と過ごしたけれど落ち着かなかった。

 

実家は暖かさはあるが、耳の遠い母があれやこれやとお世話をしてくれるので

「もういいよ」と何度も大声で言うのに疲れる。

 

自宅は一歩玄関に入っただけで寒いと思った。

 

伸びきった庭の木の枝や葉を見る度心が乱れるし、25年ここから出たいと思ってきた気持ち再確認した。

 

短い別居生活、マンションの部屋を自分の好きなようにして一人の間に友達を呼びたい。

ここが一番落ち着く場所になりつつある。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日から自宅と実家泊

日曜日ショートコースに誘われたので実家近くの同級生に車に乗せてもらうため、マンションを留守にする。

 

ゴルフ道具は自宅に置いたままなので一旦自宅に戻り1泊。

まだまだ自宅から運び出さないといけない荷物があるけれど車もないと夫も困るだろうし、通りに面している我が家ゲートのないガレージにずっと車がないことがわかると不用心でもある。

 

近所の手前もある。

 

どう見ても仲が良いとはいいがたい夫婦の姿ご近所の目にもそう映っていることだろう。奥さん出て行った?と思われてもうなずける。

 

2週間以上賃貸マンションに暮らしてみて自宅の設備の良さを改めて思い知った。

家そのものは使い勝手の悪い所があるものの申し分ない優越感に浸らせてもらえることはたしか。

 

でもあの夫との会話を考えると憂鬱になる。

これがモラハラ夫と暮らす妻の抑うつ感というものだろう。

 

味わった人にしか分からない。

 

半月離れただけでこの居心地の良さを味わってしまうと又一緒に暮らせるのかなと不安になる。

 

現に今日はお腹の調子がイマイチ。

悪いというところまではいかないが、ゆったり感がない。

 

環境が急に変わって勝手が違うので慣れない面もあるが、これは時間が解決してくれると思う。

 

この1カ月引っ越しなどでバタバタしていたのでラウンドもあまり行かず、人と会う事もつい面倒くさくなることもあるがささくれだった私の心を慰めてくれるのは夫ではない。ほんの短い会話でも僅かな時間でも嫌な気持ちを救ってくれるのは友達であったり赤の他人なのだ。

 

だからそういった人とのつながりは大切にしていこうと思う。

 

人生最後までどこでどうなるか分からない。

期待せず諦めず人生後半はたおやかに暮らしていきたいものだ。

 

怒りは醜い。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ゆっくり時間が流れる

今日からかなりの大雨との予報だったので、母の通院に早めに出かける。

レントゲンや血液検査もあり、3時間近くかかったので一旦実家に戻るのも面倒でスーパーで食材を買い、2階の本屋に寄って栗原はるみさんの本を買って車の中で読んだ。

 

ご主人が亡くなられて寂しさは変わらないがご主人のためにも頑張って色んなことにチャレンジすると...。

 

お互いが居なくてはならない存在だったのだろう。

 

仲の良い夫婦の様子が伺える。

 

食を大切にして毎日きちんと整えて暮らす、勿論普通では手に入らないような佇まいだけど丁寧に暮らすっていいなと改めて思った。

 

我が家ときたら新築で買った4LDKの戸建ては子供がまだ幼稚園にも入っていなかったので掃除もままならず、特に男の子は扱いが乱暴で玄関ドアに鍵がかかっていたらガチャガチャ引っ張る、中学時代は野球部でフローリングの床はいつもザラザラしていた。

 

当時私も1時間以上かけて週5日パートに行っていたし、2人の子供の塾の送迎など忙しく掃除まで思う様に手が回らなかった。

 

引っ越してきた当初は夫が嫌味たらしく台所の床に少し水がこぼれただけで拭き回っていた。

 

そのままあっという間に10年過ぎ、20年過ぎもう四半世紀経ってしまった。

 

あの家ではゆっくり腰を落ち着けて何かをしたことがなかった。

4人家族なんて普通なのにいつもバタバタ時間に追われていた。

 

誰も手伝おうとしないから。

それだけならまだしも日々罵倒される相手に美味しい食事を作るという気はいつの間にかなくなっていた。

 

でも今は違う。

 

お気に入りの料理家の本を買って作ってみて美味しければ何度も作ってレシピを見なくても作れるように自分の得意料理にしてしまおうと思う。

 

以前は必要にかられて時間に追われて義務感で作っていたけどこれからは素材選びからきちんとして丁寧に作りお世話になった人、食べてほしい人に食べてもらおう。

 

冷蔵庫にあれば泥棒猫のように食べ物をゲットする夫。

味とか関係ない。

 

もっと食の好みが似た人がよかった。

 

自宅のパントリーにはカップ麺が山のように買い置きされていた。

 

もう何も言う気はない。

どうぞ自分の身体、壊していただいても一向に困りませんという気持ち。

 

今夜は男性料理家の鶏肉とレンコンのピリ辛炒めを作った。

久しぶりにあぁ、美味しい!と思った。

 

美味しいと幸せになる。

これで息子が転職して近くで住んで偶に食事を一緒に出来たらいうことないんだけど。

 

母親は絶対諦めない。

 

そして自分の生活も..。

 

ずっとずっとあの夫から離れたいと思い続けてきたから今は予行演習だと思っている。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

椅子に座れる幸せ..食卓テーブルが届いた

朝9時半に新聞屋さんが来て、洗剤やミニ扇風機をくれた上、2年間は3カ月間無料にしてくれた。

まだ5月は半分なので今年は3カ月半無料になってラッキー。

 

自宅の方では実家の母の具合が悪く私が実家に通うので新聞を取るのをやめると言ったら継続お願いに男性が来てその時夫は引っ越しするかもしれないと言った。

 

あれだけ引っ越しの事は誰にも言わないように家で言っていたのに何を聞いていたんだろうか。

田舎は噂がたちやすいので気を付けているのに。

 

ホントに空気が読めない。

 

ニトリで注文していた食卓のテーブルが届いた。

一人だと十分な大きさ。

 

壁側に寄せているので邪魔にならない。

 

ずっと食事もこたつテーブルで取っていたので足がしんどかった。

やっと椅子に座って食事や書き物が出来る。

 

午前中に届いたので昼食後いつものショッピングモールへ又出かけた。

 

特に買う物がないというか、色々散財しているのでちょっとしたものを買うのも考えて財布の紐が固くなってしまう。

 

そんな時は本屋に行って色々立ち読み。

 

新刊は高いので3カ月待とうとか。

 

料理の本のコーナーでだいぶ粘った。

 

今までは時間に追い立てられるようにメニューに困るとクックパッドなどネットで何作ろうかと検索し、レシピもその日限りで自分の得意メニューというものがどんどん無くなっていってた。

 

これからは色々なメニューを作るのではなく、誰が食べても美味しいと思われる丁寧な料理、自分の得意料理を何品か作れるようにレシピも見なくても作れるようにしたいと思った。

 

やはり有名な料理家の方は実際作ってみると美味しいし、奥深さが違う。

器も素敵だし、見た目も味もいうことなし。

 

少しお高いけど綺麗なカラー写真の料理本を1冊買おうと色々見た。

 

が、迷い過ぎて又購入せず。

 

結局買ったのはモンブランのケーキ1個だけ。

帰ってテーブルで半分食べたらお腹も一杯。

 

夕飯は冷凍しておいた食材で適当にしよう。

まだ食器もあまり持ってきてないので本格的に料理する気になれない。

 

スマホで雑誌読んで母に2度程電話して、夜は動画見たり、家族と生活しててもそんな感じだったけど一人だとホントに誰とも喋らないと実感。

 

早く仕事をして社会との繋がりを持ちたい。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。