置かれた場所で咲きたくない

もうすぐ還暦。これからは日々前向きに自分ファーストで

また日経平均下がってる

もう目も当てられない程自分の保有している株が下がってます。

日経平均も連日下げ、テレビをつければ緊急事態宣言の事ばかり。

 

これでは経済どん詰まりするはずだわなと思うけど、どうあがいても人を介して拡がるウィルスだからロックダウンでもして完全に人の動きを止めない限りいたちごっこでしょう。

 

娘も近場とはいえ、友達と会ったり飲食店に入ったり止めてもこちらが大袈裟なように言われるのでどうしようもありません。

要請位では収拾がつかない時期にきていると思うのでもう命令、義務にしてほしいです。

 

人によって温度差があるからコロナはただの風邪と言う人もいるし、そういう人はもしかかったら医療機関を受診しないのかしら?

 

ほぼ年金生活者のような我が家にとっては特に収入に影響がありませんが、観光や飲食の個人経営は影響が大きいでしょう。

 

これも規模によって差があると思いますが、お金ってやはり生きる事なので無いと辛いです。

 

自営業って難しいとつくづく思います。

いい時と悪い時の差が激しいから。

 

私なんか株で含み損出ただけでしょんぼりしてしまう小心者なのでとても商売には向いていません。

 

いつもはもう1台のパソコンでリアルタイムで株の情報見ているけど今日は見ると滅入りそうだったので朝からガトーショコラを作って又動画撮りました。

 

録画ボタンを押し忘れて撮れてなかったり、相変わらず抜けててへこみますが、2時位からは夕食の準備を早めに作り、ヤリイカのトマト煮やスペアリブのハニーマスタードとか作って又撮りました。

 

久しぶりにちょっとおしゃれなごはんをつくったのでお酒が飲みたくなって夕方近くのスーパーへそれだけ買いに行きました。

でもいつも飲んでいるスパークリングワインは売り切れでアップルのスパークリングワインを買ったらあまり美味しくありませんでした。

 

台所に2時間位立っていたので腰が痛いです。

普段手抜きしているから堪えます。

 

老化で体力落ちているだけでなく、普段の行動、生活が怠けているので偶に動くと疲れるのでしょう。

 

ハリのない生活、やりがいの有無でどんどん人は変わるのですね。

転がっていくのは早いし、簡単。

ここで歯止めをきかせられるように前向きになれるような何かを見つけていかないとなと思います。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

切羽詰まらないと動けない

一気に暖かな一日となりました。

 

ここへきてようやく大阪が緊急事態宣言発令を要請するようですが、結局はいつまでも経済滞ったままダラダラと会議や専門家の意見を聞いてだとか1年前から同じ事聞き飽きました。

 

大阪の電車内でマスクしてない人と揉めて警察が出てきてましたが、いっそのことマスク着用も義務化すればいいのにと思わずにいられません。

 

こんな手ぬるい対策で危機感もないし、国民にお願いするならオリンピックも聖火リレーも潔くやめればいいのに。

 

何でも切羽詰まらないと人間動けないもなのでしょう。

 

そういう自分も先のこと考えている様でギリギリにならないと動けません。

 

卒婚という言葉を聞く前から夫とはずっと別居したいと思っていました。

子供が小さいうちは働きに行かず、専業主婦でしたが、下の子が小学校2年生になる直前に家から車で15分位の所で事務のパートを始めました。

 

周りでは働きに出るお母さんは学校の先生とか看護師とか正社員の僅かな人だけで地域的に殆どが家で子供の帰りを待つお母さんでした。

私が一番早く働きに出たと思います。

 

それからあちこち時短や短期のパートに行きました。

 

その給料は後半になってからは家を出る時の軍資金に回そうと少しは貯めていましたが、今にして思えばもう少しシビアに貯めておくんだったと思います。

 

60歳前にここから引っ越したいと思っていましたが、もう自分の中でのタイムリミットになってきました。

 

私の場合は自分の方が夫から離れたいと思ったけれど、友達の中には離婚するまでは家族であちこち出かけて別に仲が悪かったわけではないけど、ご主人の仕事の失敗=お金の事で別れたという人もいます。

 

青天の霹靂でそれはそれで辛かっただろうなと思います。

 

夫は私が何度も別れたいと口にしているので少しは危機感もっているのだろうか?

 

数年前、役員を解任されそうな状態の時、鬱のようになって寝れないとか言って大変でした。

男性にとってはやはり仕事というのは自分の命の次位に大事で家庭はその次なのでしょうか?

 

奥さんに先立たれた男性はすぐにダメになるというのに不思議です。

 

夕方ポストに入っていた不動産のチラシを見ると去年建った駅前のマンションが結構な値段で売りに出ていました。

 

2LDKで、この値段?

今住んでいる家よりはるかに高いだろうとショックでした。

 

不動産は負動産というのは我が家の場合本当だなと思います。

 

まぁ夫にすれば、私が勝手に言ってる位にしか考えていないと思いますが、相談して通じる相手ではないので強行突破しかないのです。

 

2回のFP相談に行ったけど中途半端な感じでスパッと出来ない自分が嫌になります。

 

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

動画撮影して楽しみました

夫が有給を取って早朝から登山に出掛けて車がなかったので、久しぶりに自転車で買い物に行きました。

 

昨日とは打って変わって穏やかな晴天で新緑の中を走ると気持ちよかったです。

 

最近はテレビを見るよりYou Tubeを見ることの方が多く、自分と近い年の主婦の一人暮らしや家事のルーティンとか見て感心しています。

 

自分が投稿するかどうかはともかく、スマホからでも簡単に撮れるアプリもあると知ってまずは料理の動画を撮ってみました。

 

偶々娘が三脚を持っていたので狭い台所に設置して、でも角度が難しい!

 

映したくないものまで映るし、アップにしようとするとスマホの重みで下がってしまうし。

 

簡単なものでということでフレンチトーストを作りましたが、食べる頃にはすっかり冷めていました。

 

でも何かに集中することはこんなに楽しいんだと思いました。

 

それに私はこうやって一人遊びが好きなんだなぁと思いました。

 

子供の手が離れて旧友と会って飲み食いするのも勿論楽しいし、ストレス発散になります。

 

でもどこか周囲に依存していた部分があったと思います。

 

夫には心の内を何も話せないから誰かに聞いてもらいたいとか会いたいとか。

 

この年になって自分の嫌いな事は始める気もないし、たとえ身体にいいと言われることであっても続かないけれど、自分がやりたいと思って始めた事は一人でも充分楽しめるんだなと思いました。

 

コロナ禍で自粛自粛で思うように人と会えないけれど今はネットもあるし、どうにかなるもんだと思いました。

 

大袈裟だけど自分と向き合う時間の大切さを改めて感じました。

 

年をとると健康で生活出来るお金があれば多くを望まなくてもやっていけそうです。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

次々ものが壊れていく

夜中から春の嵐のような強風が吹き荒れて肌寒いです。

朝には又地震があり、ここのところ地震の発生情報を聞かない日はないくらい、毎日日本の何処かで地震が起こっている感じです。

 

コロナ禍で災害によって避難生活になれば瞬く間に感染が一層広がります。

 

今自分の部屋で一人でやりたいことをやってこれ以上の贅沢はありません。

 

家族でも同じ部屋にいることが苦痛なのに体育館の固い床にマットを敷いて周りとはダンボールなどのパーテションで仕切られているだけの避難生活なんて想像しただけで恐ろしいです。

 

災害が起こった地域によって経済力の差があり、比較的裕福な人が住む地域ではホテルに滞在する人も多かったとか。

 

不意の出費てケガや病気だけじゃないのですね。

最近は災害にも備えてお金をおいておかないと。

 

それにここ最近家電製品はじめ、色んな物が壊れていきます。

 

数日前、夫のパソコンがとうとう使えなくなったと言っていて、今日買いにいったみたいです。そのパソコンは4,5年前官公庁払下げの中古のパソコンで数万円だったと思います。結局中古だしモデルも古いし、直ぐ壊れるのですよ。

 

その時夫はいかにも安く買えた、私は何でも新しいものを欲しがるみたいな口ぶりでした。

安物買いの銭失いとはこのこと。

100円得して1万円損するタイプです。

 

「明日、お金おろしてくる」と言ってました。

「私は自分の口座からおろしたけど...」と言ってやりました。

 

それ以上言うとまたキレられるので黙っていましたが、中古で買った車もいってるまに調子悪くなるでしょう。

 

稼ぎが悪くなるととたんにみみっちい事を言い出す小さい男ってホント嫌です。

 

そこそこの給料をもらっている時は何も言わなかったけど、最近は預金通帳を持って記帳した後、印字の横の空白に鉛筆で蟻の行列の様な字で名目を書いています。

 

今年の冬の電気代が2万円を超えていたと叫んでいました。

今年は娘も在宅勤務だったし、他の年の冬の電気代を調べてもそんなものでした。

 

テレビでは電気会社を変えて冬の電気代が7万円位に上がったという人のこともやってました。

家庭の事何も知らないくせに数字だけを見て騒ぐ、丸で子供。

世間の常識も現代の社会の事情にも疎く、昭和30年代位で止まっているのでしょう。

 

外で働く男の人にはある程度見た目も気にしてほしいです。

お客様との交渉にあまりにも安っぽい服装でいくのは相手に失礼だし、やはり成功している人はそれなりのものを身にまとっていると思います。

 

相手にどう思われているか気が付かないということは、空気が読めない、相手の事も考えていないことに繋がると思うのです。

 

60数年しみついた安物買いのくせは今さら変わるはずもありませんが。

『損して得取れ』と言う言葉は夫には無縁です。

 

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

世代間連鎖って嫌な言葉だなぁ

からしっかり雨が降ってます。

4月に入って土日はいつも雨のような。

 

またまた夫は1階の和室、私と娘は2階のそれぞれの自室。

101号室、201号室、203号室の住人という感じですかね。

ほぼ1日会話も顔を合わせる事もありません。

 

自粛生活で外でも会話することが減ってそれで最近は寝言も減ったのかしらと思えてしまいます。

言葉を忘れた?ヤバいです。

まだ呆けるには少し早いと思いたいです。

 

タイトルの世代間連鎖というのは大体が若くして結婚、或いは未婚で子供が出来て生活苦やパートナーとの不仲から子供に虐待する、そしてその子供が大人になって又同じような事をするという何とも生まれてきた子供にとっては好ましくない連鎖です。

 

親の貧困とか特に母子家庭では子供の養育に大きな影響が出ます。

 

高校生くらいになるとアルバイトをしたり、大学生だと奨学金を受ける事も出来ますが、義務教育の時期に片親で育てるというのは経済的にも辛いですね。

 

そこまで切羽詰まった状況でなくても、普通に両親が揃っていて一見問題なく生活しているようでも実際はその家族にしか分からない問題もあります。

 

私の母は昭和1桁生まれで6人兄弟で女が母を含めて4人いました。

母は次女で長女と母はお見合い結婚で家庭では所謂亭主関白の頑固おやじでした。

親戚で集まっては大酒飲み、酔っぱらう。

 

一番下の妹は母とかなり年が離れていて今70過ぎで末っ子ですが、相手はモラハラ夫そのもので他人には優しく面倒見がよく叔母には裏の顔を見せ、暴言、偶に暴力ふるったり、住み慣れた町から他県の知り合いもいない田舎町に相談もなく引っ越しを決めたそうです。

 

古い家で冬は隙間風も吹き、知り合いもなく、近くにいた娘たちとも離れてしまい、車で温泉に行くか、ジムへ行く位しか時間のつぶしようがなく、早く一人になりたいと言っているそうです。

 

唯一優しい旦那さんに恵まれたすぐ下の妹は30代の時に死に別れました。

 

そう考えると母の姉妹は皆男運がなかったんだなぁと思います。

 

そして私は2人姉妹ですが、姉の夫もアスペルガーだろうと周りは皆言っています。

早期退職して働かず、数年家を出ていました。

今は戻っていますが、子供は怒って今も口を聞いていないそうです。

 

姪っ子も適齢期を過ぎていますが2人とも結婚していませんし、もし結婚してどうしても合わなければ離婚すると言ってます。

今は姪の周りの友達も離婚している人も何人かいるみたいだけど、家庭環境によって離婚のハードルが低くなったのは確かだと思います。

 

うちの子供も結婚してもうまくいく気がしないと言います。

 

そうやって考えるとこれってやはり連鎖なんだろうなと思います。

 

夫婦仲がいいと子供が成人になっても一緒に出掛けたりするんですね。

それが楽しいと言ってます。

一番気を使わない家族であちこち行けたらそれが一番ですよね。

 

うちは子供が小さい頃車で出かけても子供が車内にお菓子をこぼしただけで夫がキレて窓からお菓子を投げ捨てたそうです。

子供から聞きました。

 

30代からモラハラの兆候出ていたんですね。当時はネットもそれほど普及してなくそんな言葉も知りませんでした。

 

今は多様性の時代という言葉が叫ばれ、結婚してもしなくても楽に生きれる時代になった事に救われ自分の子供には無理な結婚はしてほしくないです。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

落ち込んだ1日

今朝は5時半に目覚めていつもはそれからウトウトすることが多いけど、アマプラで昨日見ていた『ワン・デイ 23年のラブストーリー』の続きを見るために起きてしまいました。最近加齢のせいか夜は目が疲れるのでとても続けて見ていられません。

 

大学卒業と同時に魅かれ合う二人が結ばれそうで結ばれず、毎年7月15日に設定し二人の物語が始まるが、それぞれ別の相手を選んだり子供が出来たり、紆余曲折あって、その相手とも別れて再び恋を実らせ幸せな時間を共にするが、彼女の方が自転車で通勤途中に交通事故に遭って突然亡くなってしまうという話。

f:id:kuulin:20210416175734p:plain

 

最初男優も女優もそんなにパッとしないかなと思ったけど、やはり演出でした。

教師と小説家を目指す女優は眼鏡で垢抜けない感じにしていたけれど、大人の女性という年頃には目を見張るような美しさ、ピタッとしたドレスも妖艶な雰囲気でスタイル良くて天は二物を与えるか!と思いました。

 

男優も素敵でした。最後は髪の色とかも年を感じさせるように変えていて、やはり美しいものを見ると気持ちいいものです。

 

朝から気分よかったのに自分の持っている株を見てがっくり!

 

メチャクチャ下がっています。

 

1日14,000円も儲けられる仕事なんて自分には出来ないのに欲を出して売り損ねたら次の日からどんどん下がる。

 

こんな事何回も何十回も繰り返しているのに学習しないなあと思ったり。

そんな楽して稼げることはない、ちゃんと働けよと思ったり、ブログや動画で収益化出来るまで道のりは遠いし、私位の年齢の人で働きながら一から動画編集とかして登録者数とか増やして確実に収益化出来ている、しかも楽しみながら。

 

ホントに皆さん凄いなと思います。

 

卒婚したいしたいと思いながら自分に何が出来るんだろうと落ち込みます。

何もかもどっちつかずな気がして。

 

買いたいものがあったので、大型ショッピングセンターへ行ってぶらぶらしてたけど、やはり財布の紐が固くなります。

 

結局買ったのは室内履き、急須、1輪挿し...それでも少しはストレス解消出来ました。

 

今日こそは昨日聞いたFP協会のホームページから老後の資産のシュミレーションをしてみようと思ったのに又何となく1日が過ぎてしまいそうです。

そして又落ち込んで。

 

夫の事世間からずれていると思っているけれど、収入を得ているという事実はどうあがいても太刀打ちできないわけで、偉そうに言えるのかとか自問自答して今日は負のスパイラルです。

 

ブログもなかなかじっくり向き合えず、今日はブログのガイドブックを買ってきました。

明日、あさってと雨予報なのでゆっくり本を見ながら取り組みたいと思います。

 

新入社員だって仕事に慣れるまで3年位はかかるのだから昭和生まれのアラカンおばさんは焦らずにやっていこうと思います。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。


 

 

 

2回目のFP相談に行ってきました

f:id:kuulin:20210415193500p:plain

コロナ感染拡大のさなかではあるけど、二重マスクで予約していたFP相談に行ってきました。

 

今回は若い男性と女性の二人で50分の相談時間でした。

 

予めメールで簡単な相談内容は伝えていたので、今日は預貯金と年金額や夫の給与、月々の支出の額を伝えました。

 

今回数字を入れてシュミレーションするという感じではなくホントにざっくりした話を聞いただけです。

 

前回のファイナンシャルプランナーの方と違って若い二人だったのであまり私の話にピンとこなかったかもしれないです。

 

一般的には夫婦で月々20万円~25万円かかるということですが、別に暮らすとなると当然住居費、光熱費諸々二重にかかるわけで年金などの収入から支出を引いた不足分は貯金の取り崩しになり月々×12カ月×生存年数がマイナスになるので、長生きすればするほど貯金が減っていくのは当然ですね。

 

そのマイナスを出来るだけ少なくすることと言われました。

 

分かっているんです。

だから永遠に別居は無理なのです。

 

60代以降の主婦なら夫に傍にいてほしくないけど、お金のために割り切っている人も多いと思います。

一人で生きていくには自活できるだけの収入が必要だから専業主婦であれば諦めざるをえないから夫は夫、自分は自分で出来る範囲でやりたいことをして生活している人もいるでしょう。

 

お金で買える自由もありますから。

 

帰り地下道を歩いていると後ろで女性の話声がチラッと聞こえて

「もうずっと入院してたらいいのに」と何気なく見ると60代位の女性二人でご主人のこと話してたみたいです。

どこもねえ。

 

私も夫が退職したら最低限の家事をして出来るだけ外に出ていられる環境の住まいなら我慢できそうです。今の住まいはそれとは程遠いです。

今でもどちらかが車を使う時は片方が我慢して、町へ出るには結構な交通費と時間がかかります。

 

結局何処へも行けず、夫がリビングを占領すると2階の自室でこもっていなければなりません。

ガーデニングも興味がないしせいぜい断捨離するくらいです。

 

「ご主人と住み替えのこととか出来れば話し合えたらいいですね」と言われましたが、話が通じないのを若い男性は分かるはずもないでしょう。

 

今日行って1つ良かったことは

「どのあたりに住みたいのですか?」と聞かれ、

「〇〇市です」と言うと

 

女性の方が

「実は私〇〇市に住んでいるんです」と言われました。

 

「どうですか?」と聞くと

「大型ショッピングセンターにも歩いて行けるし、銀行も沢山あって病院も小さい病院は沢山あるし大きな病院も出来たしいいですよ」と言ってました。

 

車に関しては男性が

「私もゴルフの時はカーシェアリングして行ってます」ということで何か共感得られた感じでよかったです。

 

夫とは私の言う事全て反論されるので。

そもそも考え方が真逆なのでしょうが。

 

住む所に関しても住みやすそうなことを聞いて背中をおされた感じで嬉しかったです。

 

来月は法テラスへ行って相談してみたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。